新しい顧客をつくろう

Create a Customer

「新しい顧客をつくろう」は経営学者ピーター・ドラッカーの「顧客の創造」をヒントに考えた当社のとりくみ方の姿勢です。WEBサイトは新規顧客開拓に持ってこいのツールです。
まずはドラッカー博士の「企業の目的は顧客の創造である。」から解説します。

企業の目的は顧客の創造

一般的に企業の目的は「利益の追求」と考えられています。しかしドラッカー博士は利益の追求は、企業存続の条件に過ぎず、本当の目的は「顧客の創造」であるとしています。

企業の目的

企業は社会の機関であって、その目的は社内になく社外にあります。社外とは社会のことです。社会は顧客の集合体なので、そこに市場が創られます。
そして企業は顧客の欲求(ニーズ)があるところへ、満足させる手段を提供します。

潜在的な欲求は需要に変えられ、企業は自社でつくった価値(満足させる手段)を提供します。 顧客が価値を認めれば購入することになりますが、顧客が購入するのは製品やサービスではありません。価値が提供する効用や効果です。
これがドラッカー博士のいう「顧客の創造」であります。ドラッカー博士は顧客の創造こそが、企業の目的であると説いています。
WEBサイトは御社が作り出す価値を、上手に顧客へ伝達するのにもっとも適したマーケティングツールであると言えます。

企業の機能は2つだけ。マーケティングとイノベーション

ドラッカー博士は企業の目的は「顧客の創造」であると言いました。さらに創造し続ける基本的な機能は2つだけだと言っています。
それがマーケティングとイノベーションです。マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらすと。
マーケティングは「何を売りたいか?」ではなく「顧客は何を買いたいか?」を考え、実践するもの。
イノベーションは顧客に新しい満足を生み出すものです。

マーケティング

マーケティングとは4P(価格、製品、流通、プロモーション)に代表される、販売に関する機能の遂行ではありません。この考え方は、スタート地点が「製品」や「サービス」なのでそれはまだ販売にすぎません。
本来のマーケティングのスタート地点は「顧客」であり、欲求を叶えることや価値創造からスタートします。マーケティングは「何を売りたいか?」ではなく「顧客は何を買いたいか?」を考え、実践に移すことになります。
マーケティングの理想は販売を不要にすることで、目指すものは顧客を理解し、製品やサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることです。

イノベーション

イノベーションとは新しい満足を生み出すものです。イノベーションの結果、より良い製品、より多くの便利さ、より多くの欲求の満足がもたらされます。
イノベーションは発明や技術のみのことではありませんし、単なる職能のことでもありません。イノベーションは経済に関わることであって、企業のあらゆる部門や活動に及びます。
イノベーションは人、物などの資源に対してより大きな富を生み出す新しい能力のことです。

お客さまの顧客をつくること

企業の目的は顧客の創造。ウェブサイトやネットのサービスはそれに貢献できるでしょうか。
WEBサイトは顧客へ情報を届けるだけでなく、声なきニーズを聞くこともできます。
マーケティングやイノベーションの一助を担います。
これらの精度をより高めるためのしくみを当社はつくりました。
それがこちらのページでもご紹介しているCAMPU(WEBで顧客をつくるしくみ)です。
当社の目的はCAMPUを通じてお客さまの顧客をつくることです。

立ち返ることは顧客

ピーター・ドラッカーは更に顧客について触れています。
◯企業が何であるかを決めるのは顧客である。
◯顧客こそ企業の基盤である。
◯顧客だけが企業を存続させられる。
◯顧客だけが職場を与えてくれる。
◯利益追求は目的ではなく、明日の事業のための条件である。

このページを読まれる御社がそうであるように、当社もお客さまへの貢献を考え続けています。WEBサイトは新しい顧客を開拓するのに、とても適したツールであると言えます。せっかくお持ちのWEBサイトですので、もっともっと活躍させてみませんか。

さあ、WEBサイトから
新しい顧客をつくろう。

ご相談・お見積はこちらから

  • メールでのお問い合わせ
  • お問い合わせ 無料お見積り
  • お電話でのお問い合わせ
  • tel:045-479-8815