ホームページの問題を解決|手段別解決策|EFO(エントリーフォーム最適化)対策。お問い合わせページで離脱させないために。メールフォームの改善でお悩みの方へ。

横浜のホームページ制作会社 ホームホームページの問題を解決EFO(エントリーフォーム最適化)対策

EFO対策

お問い合わせページで、入力項目が多くてうんざりしたり、何度もエラーが表示され、一体どこがいけないんだ!と思われた経験はありませんか。お問い合わせページで離脱するユーザーは60%以上といわれています。EFO対策とはエントリーフォーム最適化。お問い合わせページ(エントリーフォーム)を親切な環境にします。

メールフォームへのユーザー3大不満

その@不親切さ
一体何を入力すればいいんだ?半角か?全角か?どれが必須で、どれが任意なんだ?しかも入力項目が多すぎるよ!よーしわかった!問い合わせなんてしてやるものか。
そのA不安
個人情報送るんだから、セキュリティはしっかりしているんでしょうね?SSLでしたっけ?大丈夫なの?それに私のメールアドレス、他の用途に使われないかしら。不安だから問い合わせるのよしましょう。
そのBエラーがイラつく
またエラー?ちゃんと入力しているのに何でまたエラーが?これで3回目だよ。しかもどの入力箇所がいけないのか教えてくれないし。すごく興味ある商品だったけど、もういい。問い合わせるのはよそう。

1.不親切さ。その不満の解消法

以下の2つのメールフォームをご覧下さい。どちらが入力しやすいかは一目瞭然です。しかし、左のようなメールフォームページのホームページはたくさん存在します。今一度、御社のメールフォームをチェックしてみて下さい。

不親切なフォームと親切なフォームの違い

トップページや商品紹介ページは何度も修正を入れ制作する会社様も、意外とメールフォームは気を遣いません。
しかし入口が大切なように、出口もとても大切。ユーザーに気持ちよく入力していただくためにも、上図のような案内文や記入例、任意か必須の明確などの説明も入れ、親切なメールフォームにしましょう。

2.不安だ。その不満の解消法

「フィッシング詐欺」、お聞きになったこともあると思います。ユーザーは個人情報をフォームから送る時、セキュリティを非常に気にします。本当にこの会社のサーバに送られるのか?私の個人情報は盗まれないだろうか?この不安を取り除くのがSSL (Secure Socket Layer)です。送信する情報(個人情報、カード情報等)を暗号化して、盗まれないようにします。

SSL証明書ロゴ

顧客の情報を守るSSL証明書を導入しましょう。上記のように様々な証明書があります。SSL証明書を利用するにはコストが必要です。ちょっと高めですが、問い合わせ率を増やすため、是非導入をご検討下さい。

3.エラーがイラつく。その不満の解消法

送信フォームにエラーはつき物とあきらめているユーザーも多いですが、エラーが何度も返ってくるとさすがに嫌気が差し、送信をやめ離脱してしまいます。下図をご覧下さい。住所入力欄が5つに分割され、しかもすべて必須というメールフォームがあります。

イラつくフォーム事例

懸命に入力した後、送信ボタンをクリックするとエラーが・・・。これだけでもうんざりしますが、エラーメッセージが×印の方だと、ユーザーはどこがいけなかったのか、判断がつきません。エラーメッセージは○印のように指摘箇所を説明しましょう。

結論

メールフォームページの煩わしさ、セキュリティ面の不安で離脱するユーザーは多い(60%以上)。
離脱させないために、入力方法の説明や、エラー案内等を工夫し親切設計に。またセキュリティはSSLを導入し、証明書を同ページに貼る。着地ページに気を遣うように、メールフォームページも充分にEFO対策を行う。
FEO対策は上記の3点だけではなく、他にも対策はあります。大切なのはユーザーにストレスなく、入力してもらうことです。

 

メールフォームを改善したい、問い合わせ率が低いとお悩みの方は、こちらをご利用下さい。無料メールコンサルティング

ページのトップに戻る

emt株式会社 〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2-7-10 関内フレックスビル4F TEL:045-479-8815 FAX:045-479-8816

Copyright © 2008-2011 ホームページ制作 横浜 emt株式会社 All Rights Reserved.