ホームページの問題を解決|手段別解決策|WEBサイト運営に必要不可欠なWEB戦略。WEBマーケティングの悩みを3点に絞る方法。

横浜のホームページ制作会社 ホームホームページの問題を解決WEBマーケティング

WEBマーケティング

ホントに必要?

ホームページがあるだけでは、売上は上がりません。戦略・戦術を練り、仮説と立証を繰り返す行動をWEBマーケティングと呼びますが、一方でネットには上図のような手法・ツールがあります。
WEB2.0だ、セカンドライフだ、ツイッターだと都度マスコミは騒ぎますが、「これらは本当に有効なのか?」「WEBマーケティングは知っているが、一体何からやればいいんだ?」と思われている方へ、WEBマーケティングを解説致します。お悩みは以下の3点に絞られるのではないでしょうか。

WEBマーケティングの3大悩み

その@カネがかかる!
無料で使えるマーケティングツールもあるけど、即効性がない。即効果を得るにはやっぱりカネがかかる。
特に集客コストはどんどん膨れ上がるばかりだ。
そのAやってる時間がない!
私の仕事はホームページの運営だけではない。他にもやらなくてはならないことがたくさんある。時間をかけて様々な仕掛けをしなくてはならないのはわかるが、そんなのやってる時間があれば新規顧客に会いに行く。
そのB結局よくわからん!
ツイッター、ブログ、オーバーチュアなど様々なマーケティングメディアがあるのは知ってる。しかし全部できる時間も予算もない!結局何が効果あるのか、何をすればいいのかよくわからん!

WEBマーケティングどうするのか?

広告やコミュニケーションなどのマーケティングツールだけで、成功したという話はほとんど聞いたことがありません。
目的は集客ではなく、コンバージョン(成約)ですので、御社の大切な資産であるホームページとじっくり向かい合う作業から始めてみませんか。ここで解説するWEBマーケティングは、手法と言うより考え方です。おカネをかける必要はありません。

1.把握 2.理解 3.行動 4.継続

1.絶対に外せない現状の把握

新しいマーケティング手段に手を出すのは、とりあえず控えてまずは、御社の大切な資産であるホームページと向かい合う作業から始めましょう。その時の必須ツールはアクセス解析です。まだ設置していない方はすぐに設置して下さい。そしてもっとも把握しなければならないのは、アクセス数に対するコンバージョン(成約:問い合わせ・資料請求・購入等)数です。

高機能無料アクセス解析ツール

おすすめのアクセ解析ツールはGoogleAnalytics。IDを登録するだけで無料で使えます。設置はGoogleのAnalyticsページをご参照下さい。難しいと感じたら、弊社のGoogleAnalytics設置プランをご利用下さい。

2.買ってくれた人はどんな人?顧客を理解

顧客を理解することが一番難しいといえます。顧客をセグメントしターゲットを絞り、自社のポジションを築けたとしても、顧客理解には至りません。AISASという行動理論もありますが、その通り顧客が行動するはずはありません。顧客を完全に理解できないけど、理解する努力を続ける。その努力が顧客の創造につながります。

御社はどちらですか?

顧客を創るコンテンツ
商品やサービスは必要タイプ(ニーズ)、欲しいタイプ(ウォンツ)に分かれます。主にBtoBは前者で、BtoCは後者といえます。顧客理解の前に、自社商品はどちらかを見極めます。そして「どうしても」を考えます。どうしても必要(欲しい)と、顧客に思ってもらうにはどうすればいいか?その知恵が顧客を創るコンテンツとなり、顧客理解に近づくことができます。この作業こそが、WEBマーケティング第一歩です。この作業は熱が出るほど、知恵を絞って下さい。

3.行動する。こわいのは既成概念

現状を把握した。顧客理解の努力もしている。次は目標に向かって行動です。行動とは計画を練り、実践していくことですが、その手法は成功するリニューアルや、ネットショップの開業に詳しく書かれてあります。気をつけなければいけないこと、それは既成概念や固定観念です。

ホント?

  • ウチの顧客は○○嗜好の方が多い。
  • それが業界の常識だ。
  • ブログは顧客とのコミュニケーション。
  • WEBコンサルタントがそう言ってる。
  • ここが我が社の差別化点だ。
  • アクセスが増えれば絶対売れる。
  • 投資するカネがないから売れない。
  • 顧客はもっとも安い価格が好き。
  • ブランドが強くないからダメだ。
  • ツイッターが購買補足に効く。
  • 1ページ目にヒットすればいいのだ。
  • メルマガでアクセス数アップ。
  • 商品が多いのでどれか売れるはず。
  • このキーワードでヒットすればOK。

既成概念を捨てるのは、なかなかできるものではありませんので、疑ってみたり、逆説的に考えてみたりして下さい。なぜだ?それがどうした?本当にそうか?そんなこと言えるのか?等、今まで行ってきた施策を疑ってみて下さい。例えばユーザーの滞在時間が長いと安心しても、本当はサイト内で迷子になっている可能性もあります。疑うことを自問自答、もしくは複数人数で行うことで、全く新しいアイディアや施策が必ず生まれます。

4.改善し続ける。ゴールなき継続

PDCAサイクルは昔からあるマネジメントサイクルですので、説明の必要はありませんが、本当は「計画」の前に目標や目的を設定したり、「実行」の前にテストしたり、「改善」後に学習やナレッジ共有するプロセスも必要になってきます。継続は力なり。小さなゴールをクリアし続ける改善を繰り返すことが、WEBマーケティングです。「なんだ営業と一緒じゃないか」その通りです。流行に惑わされず、基本に立ち返ることが大切です。

計画 実行 評価 改善

結論

WEBマーケティングは、名称はカッコいいですが、実に地道な作業の繰り返しです。しかし、同じ半年間でもツイッターにつぶやくだけと、PDCAサイクルを継続するとでは、そこに大きな差が生まれます。当社のホームページにはホームページの問題を解決というコンテンツがあります。すべてWEBマーケティングに通じる内容です。ご興味のある方は、お時間があるときにでもお読み下さいませ。

ちょっとだけ宣伝

WEBマーケティングを考慮したホームページが必要な場合は、当社のホームページ制作戦略プランをご利用下さい。

 

WEBマーケティング、ホームページでの戦略でお悩みの方は、こちらをご利用下さい。無料メールコンサルティング

ページのトップに戻る

emt株式会社 〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2-7-10 関内フレックスビル4F TEL:045-479-8815 FAX:045-479-8816

Copyright © 2008-2011 ホームページ制作 横浜 emt株式会社 All Rights Reserved.