ホームページの問題を解決|課題別解決策|限られた予算で作るホームページ。サービス別制作費用の解説。

横浜のホームページ制作会社 ホームホームページの問題を解決限られた予算でつくる

ホームページのあなたのお悩みを解決!

限られた予算でつくる

切っても切れない予算と調達の関係。ホームページも安くて良いものに越したことはありません。5つのホームページ制作サービスを費用機能の視点から比較し、安物買いの銭失いにならないための施策をご紹介致します。

予算30万円でどこまでできるか?

5つのタイプ ホームページの作り方

ホームページは様々な方法で制作できます。上記に代表的な制作方法として、5つのタイプをご紹介しました。30万円という限られた予算の中でどのようなことができるか発注者の視点に立ち、偏りのないようご説明させていただきます。これからホームページを制作する方、ホームページリニューアルされる方は、費用・機能面で是非参考にして下さい。

それぞれのサービスの特徴

1.ブログソフト
シックス・アパート社が提供する、もっとも普及しているブログ制作ソフトウェアを、ムーバブルタイプ(MT)と言います。今回はこのMTを使ってホームページを制作した場合を考えてみます。ムーバブルタイプ最新バージョンのライセンス料金は\63,000です。
2.CMS
CMSはコンテンツ・マネジメント・システムの略語です。CMSの料金は高額からお安いものまで、様々なサービスがあります。特徴はデザインテンプレート等を使い、ホームページ制作技術がなくてもワープロ感覚で制作できる事です。
3.すべて自社制作
一番コストをかけずにホームページを制作できます。社内にマーケティング知識を有し、ホームページ制作技術を持つ方がいらっしゃれば、内製をおすすめします。費用をかけずに制作できる代償として、もっとも苦労する可能性は高いです。
4.初期無料型
負担になる初期費用が無料のホームページ制作会社もあります。特に最初の予算をかけたくない方におすすめです。初期費用が無料の代わりに、月々のコストはかかります。また制作ページ数や、機能の制限等もあります。
5.ホームページ制作会社
ごく一般的なホームページ制作会社の支払形態は、契約時に半金、または納品時に全額を支払います。1〜5の中ではもっとも予算がかかります。ホームページ更新等を自社で行えば、月額料金はかかりませんので、制作時にはその環境も依頼しておきましょう。

各サービス料金比較(例)

\63,000
ライセンス購入
\10,500
年間サポート
\0
自分で対策
\103,500
\12,000
初期設定費
\9,800
月額利用料
\0
自分で対策
\129,600
\0
なし
\0
なし
\0
自分で対策
\0
\0
自分で対策
\29,800
月額利用料
\0
有料サービス有
\357,600
\300,000
制作料
\0
有料サービス有
\0
内部SEO対策有
\300,000

30万円予算をオーバーするもの、しないものがあります。ムーバブルタイプのようなブログソフト、安価で販売されているCMSを使えば、ホームページは意外に安く制作・運営できることがわかります。もっとも高額な「初期無料型」も、安価なサービスを使えば、30万円を越えることはありません。ホームページ制作会社の料金は、ほぼ人件費となりますので、30万で5ページ制作する会社もありますし、15ページ制作する会社もあります。
※ここでご紹介しているサービスの料金はあくまでも一例です。

各サービス機能比較(一部)

テンプレ選択 自分で作成 自分で対策 自分で対策
テンプレ選択 自分で作成 自分で対策 自分で対策
自分で考案制作 自分で作成 自分で対策 自分で対策
テンプレ選択 自分で作成 初期対策あり 自分で対策
制作会社が考案
・制作
制作会社の
リライトあり
制作会社が対策 対策考慮
しながら制作
自分主体か依頼主体かを考えた時、
■1〜4は主にご自身で作業を行う傾向が強くなります。
■5は依頼主体となります。
メリット・デメリットとして、
■1〜4は労力が多い割に成果物はイメージしたものと異なります。ご自身が思われるキレイで洗練されたホームページは、何度も修正と改善を繰り返しながら、満足度を高める必要があります。
■5は毎日「どうしたら反響あるホームページを作れるか?」ばかり考えている会社がが作りますので、成果物の満足度は高いでしょう。しかしその分予算はかかります。
以下に各サービスのメリット・デメリットの詳細を紹介致します。

各サービスのメリット・デメリット

1.ブログソフト

メリット デメリット
更新は自社で容易に行える点が最大のメリットです。最新情報や、新しいサービスなど制作会社に依頼せずとも、即ページに反映でき、タイムラグがありません。MTはサポートもあります。 サーバーへのインストールが少し戸惑います。ブログはテンプレートを使って即開始できますが、オリジナルのページを制作するには、独自タグをおぼえるなど、時間と労力がかかります。
■POINT対策
思い通りのデザインに仕上げるのは難しいので、インストール作業や最初の制作は、ホームページ制作会社に依頼することをおすすめします。多くの制作会社は、ムーバブルタイプでの制作も請け負います。ホームページ運営は自社で行う方法がよいでしょう。

2.CMS

メリット デメリット
豊富なテンプレートデザインを選び、安価な料金でホームページを制作できます。また更新もご自身で行えますし、独自ドメイン対応も可能です。ブログソフトより操作はやさしいです。 テンプレートのカスタムや階層の構築、機能等に制限があります。すべてを思い通りに制作できるとは限りません。またサービスによってはオプション料金が高い場合もあります。
■POINT対策
デモ版を試せるサービスも多いので、まずはデモを体験し、機能や使いやすさを比較検討して下さい。感覚的に使いこなせそうなサービス、サーバレスポンスの早いCMSをおすすめします。初期デザインを制作してくれる会社もあります。

3.すべて自社制作

メリット デメリット
もっとも安価でホームページが作れます。制作、SEO対策情報等はネット内に大量にあるので、それらを参考にしながら、予算をかけずに制作する事ができます。 ご自身が思っているアイディアやデザインを、実際にカタチする作業に時間がかかります。更に「読ませる」「魅せる」ホームページにする技術の習得にも時間はかかります。
■POINT対策
ご自身でコツコツ勉強される方法が一番ですが、ホームページ制作ソフトを活用する手段もあります。 「ホームページビルダー」などは、量販店等で安価で販売されています。またプロジェクトチームを組まれる方法、知識と技術を持つアルバイトを雇用する方法もあります。

4.初期無料型

メリット デメリット
最初に予算がかからないことが、踏み切れなかった背中を押してくれるでしょう。小額の分割払いなので、費用負担になりません。運用中のサポートが充実している会社もあります。 契約期間中は分割払いが継続されます。契約内容によっては、高額になる場合もあります。リース会社を介しリース契約させるサービスもありますが、契約されないように。
■POINT対策
サービスの質は会社によって差があります。コンサルティングも含む、ページ制作まで請け負う、制作の一部を請け負う、環境だけ用意する等です。 また契約期間中のサポート内容も充実しているサービスと、そうでないものもあります。サービスの比較検討は、費用も含め充分行って下さい。

5.ホームページ制作会社

メリット デメリット
専門会社による成果物のクオリティにもっとも満足できます。1〜5では依頼者の作業的負担はもっとも軽く、テンプレートを使用せず反響を優先した独自のホームページ制作が可能です。 コストの負担。ホームページ制作はもちろんのこと、ページを増やす毎に制作費用も増えます。運営も無料ではなく、定額の契約が必要です。制作会社によってアタリ、ハズレがあります。
■POINT対策
ホームページ制作会社の選定は慎重に行って下さい。複数社からの見積、または複数社へのプレゼン依頼をおすすめします。その際はRFPを作成するとよいでしょう。運営は自社でできる環境を築いてもらうこともおすすめです。予算面、作業面等で柔軟に対応してくれるホームページ制作会社を選んで下さい。

 

この問題を解決したい人はこちらも読んでいます。

■WEB戦略の基本
ホームページ制作会社の種類 解説
■何を基準にするか迷われたら
ホームページ制作会社の選び方 解説
■トラブルにならないようにするには
ホームページ制作会社に依頼する前に 解説

この問題を解決するサービス

 

ホームページ制作の予算や費用でお悩みの方は、こちらをご利用下さい。無料メールコンサルティング

ページのトップに戻る

emt株式会社 〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2-7-10 関内フレックスビル4F TEL:045-479-8815 FAX:045-479-8816

Copyright © 2008-2011 ホームページ制作 横浜 emt株式会社 All Rights Reserved.