ホームページの問題を解決|課題別解決策|お問い合わせや資料請求を増やす策・コンバージョン(成約)率向上策を解説。

横浜のホームページ制作会社 ホームホームページの問題を解決もっとお問い合わせを増やす

ホームページのあなたのお悩みを解決!

もっとお問い合わせを増やす

もっとユーザーに行動(問い合わせ資料請求)してもらえるしくみを、ホームページにつくります。このしくみづくりをコンバージョン率成約率)向上策といいます。アクセスアップ対策と一緒に行いましょう。

ユーザーの意思決定プロセス

3つのゴールを導くために

ユーザーの心理をグラフ化しました。ユーザーは「1.探す」「2.見つける」「3.納得する」という3つの行動を経て、「4.お問い合わせ」「5.資料請求」「6.お気に入り」へ向かいます。しかし、納得する前に情報が見つからなかったり、内容に失望した場合は「7他を探す」「8もう来ない」となります。この意思決定プロセスの中で、コンバージョン(成約)率を高める対策を探ります。ユーザーは上図の赤ラインのように、心理的欲求が高まらないと行動を起しません。不快、不満足を感じると離脱して他のホームページを探ります。それが黄色のラインで表されています。

ユーザーの分岐点

  •  
  • ユーザーの約80%は、Google等の検索エンジンを使い情報を探します。
  • ユーザーの約80%は、検索結果の1ページまでしか見ません。
  • 目的の情報が見つからないと、ユーザーは7秒以内に離脱または直帰します。
  • お問い合わせの時、メールフォームが使いにくいと約68%は離脱。
  • 個人情報を提供する程の価値がないと、資料請求をクリックしてくれません。
  • ブックマークのこと。ユーザーに再訪問される可能性が高まります。
  • 目的の情報がないと、ユーザーはすぐに離脱。分かりやすい導線が必要です。
  • ユーザーを失望させてしまった場合、再訪問の可能性はほぼ0%。

上図は意思決定プロセス上のユーザーの傾向です。問い合わせ・資料請求を増やす=コンバージョン率(成約率)を向上させるには、ユーザーの3つの行動に標準を合わせ、対策を練る必要があります。具体的には各フェーズにおいて、@見つけてもらう A納得してもらう B行動してもらう。この活動をコンバージョン率(成約率)向上策といいます。

コンバージョン(成約)率向上の施策

検索エンジンでの上位表示
■SEO対策
■リスティング広告
ユーザーがメリットを感じる情報
■LPO対策
■コンテンツ設計
■デザイン設計
ユーザーが行動しやすい環境
■ユーザビリティ設計
■EFO対策

適性な対策を打つことで、コンバージョン率(成約率)は向上します。対策@「見つけてもらう」ではSEO対策・リスティング広告を。対策A「納得してもらう」ではLPO対策・コンテンツ設計デザイン設計を。対策B「行動してもらう」ではユーザビリティ設計EFO対策を。各ページに対策の詳細説明が書かれてあります。是非引続きお読み下さい。

■POINT対策@見つけてもらう

立派なホームページも、見つけてもらわなければ始まりません。80%のユーザーはYahooやGoogleなどの検索エンジンを使い情報を探すので、検索結果ページの上位に表示させる事が大切です。上位であればあるほど、クリック率は高まります。上位に表示させる技術をSEO対策といいます。

 

この問題を解決したい人はこちらも読んでいます。

■当社のSEO対策サービスを知りたい
SEO対策プラン 当社サービス
■SEO対策についてもっと知りたい
SEO対策 解説

■POINT対策A納得してもらう

掲載情報(商品説明や価格など)に納得し、ユーザーは行動を起しますので、必要な対策は
■検索ワードに適した着地ページを用意すること(LPO:着地ページ最適化対策)
■ユーザーの利益に結びつく、価値ある情報を用意すること(コンテンツ設計)
■商品説明を分りやすく伝えるデザイン(デザイン設計)を用意すること

 

この問題を解決したい人はこちらも読んでいます。

■コンバージョン対策サービスを知りたい
ホームページ制作戦略プラン 当社サービス
■LPO対策についてもっとを知りたい(現在制作中)
LPO:着地ページ最適化対策 解説
■コンテンツの作り方を知りたい
コンテンツ設計 解説
■デザインの役割を知りたい
デザイン設計 解説

■POINT対策B行動してもらう

行動とは問い合わせしてもらうこと、資料請求してもららうことです。増やすための対策は
■使い勝手がよく、ストレスを感じさせない導線を用意すること(ユーザビリティ設計)
■問い合わせ・資料請求フォームは最後のハードル。離脱させない環境を用意すること(EFO対策)

 

この問題を解決したい人はこちらも読んでいます。

■ホームページの使い勝手を向上させる
ユーザビリティ設計 解説
■最後の障壁(メールフォーム)を低くする
EFO対策 解説

結論

問い合わせ・資料請求を増やすにはアクセスアップ施策だけでなく、コンバージョン率(成約率)を向上させる施策が必要です。コンバージョン率を向上させるには、「見つけてもらう」「納得してもらう」「行動してもらう」ために、適した手段を実践します。御社が弱いと思われる箇所を発見し、改善はできることから始めましょう。高度な改善施策は専門会社に依頼するとよいでしょう。問い合わせ・資料請求を増やす対策、始めてみませんか。

この問題を解決するサービス

 

お問い合わせ・資料請求が少ないとお悩みの方は、こちらをご利用下さい。無料メールコンサルティング

ページのトップに戻る

emt株式会社 〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2-7-10 関内フレックスビル4F TEL:045-479-8815 FAX:045-479-8816

Copyright © 2008-2011 ホームページ制作 横浜 emt株式会社 All Rights Reserved.