すぐ読めるコラム|3分程度で読めるコラムを連載しています。|SWOT分析から見たWEB戦略のコラムです。

横浜のホームページ制作会社 ホームホームページの問題を解決SWOT分析はWEBでも役立つ

すぐ読めるコラム

■ SWOT分析はWEBでも役立つ
SWOT分析=自社の強みS:Strengths 自社の弱みW:Weaknesses 市場のチャンスO:Opportunities 自社にとっての脅威T:Threatsを分析して、WEB戦略に役立てましょう。
●強みが分からない時は顧客に聞く
ホームページリニューアルに際し、現状の分析や問題点の抽出時使えます。分析する時、必ずぶつかるのが「自社の強みとは何か?」という疑問です。
自社の弱みはたくさん出てきますね。しかし自社の強みはなかなか出てきません。なぜあのお客様はウチの商品を選んでくれたんだろう?なぜウチで買い続けてくれるんだろう?
この疑問は顧客に聞くしかありません。
●決めるのは100%顧客
その回答が「担当のAさんの人柄に惚れて」だとしたら・・・。
今まで技術力や商品力が強みだと思っていたのに、あまり働かないA君(自社の弱み)が購入動機だったとは。この瞬間、自社の強みは商品力ではなく「人材」に変わります。
自社の強みとは、100%顧客の視点から評価される点であり、自社の思い込みであってはならないことがわかります。
ちょっと勇気がいりますが、御社のお客様に「なぜ弊社を選ばれたのですか?」
と聞いてみるのもよいかもしれません。意外な答えが返ってくるかもしれませんよ。
●「腐る化粧品」は強み?弱み?
くさ〜る〜♪とBGMが入る化粧品CMをご覧になったことはありますか?まだご覧になってない方はGoogleかYahooで「腐る化粧品」と検索してみて下さい。ホームページでCMが見られます。 腐る化粧品からイメージされるのもとして、ノンケミカル、防腐剤未使用があります。
一見弱みなネガティブイメージの「腐る」表現も、オーガニックを求めているターゲットに対し、明確且つ深くリーチできるキャッチコピーとなります。この勇気ある表現は、弱みを強みに変えたよい例といえます。
●ホームページにSやWを取り入れる
このように、自社の弱みと強みの関係は表裏一体。視点を変えるだけで、弱みが強みに変わります。
「腐る化粧品」「高くてどうもスミマセン」「マズイ!もう1杯」「日本一まずいラーメン屋」どのフレーズもドキッとしますね。あえて逆転の発想を採用する必要はありませんが、御社の強みは必ずホームページに掲載して下さい。前出の「Aさんの人柄に惚れて」の場合は、Aさんの人柄を楽しく紹介したコンテンツ(写真とイラストを組み合わせたマンガなど)があるとよいかもしれません。
SWOT分析から強みや弱みを発見し、ユーザーに届くホームページを制作することも、当社の仕事のひとつです。

お問い合わせ無料お見積り お問い合わせ・お見積りはお気軽にどうぞ。24時間以内に回答させていただきます。お急ぎの方はお電話でどうぞ。

ページのトップに戻る

emt株式会社 〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2-7-10 関内フレックスビル4F TEL:045-479-8815 FAX:045-479-8816

Copyright © 2008-2011 ホームページ制作 横浜 emt株式会社 All Rights Reserved.